どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。

蛮カラ コミケ旅行2019・夏

f:id:KANDWA:20190811153929p:image

一度行ってしまえば、二度行きたくなる。

二度行けば三度行きたくなる。

その先に、いかなる苦難が待ち受けていようとも…………。

f:id:KANDWA:20190811154302p:image

それが、東狂酷災天死(とうきょうこくさいてんじじょう)、

そして個魅駆魔亜決闘(こみっくまーけっと)だ!!!

f:id:KANDWA:20190811154006p:image

そんな訳で昨年の夏、冬(2018年冬コミは予算不足のため記事を書くほど見て回らなかった)

に引き続き今年もコミックマーケット夏に行ってまいりました。

 

dokuimomushi.hatenablog.jp

 

 

今年は令和初のコミケ、そして史上初の4日間開催。

私はその中でもっともパッションに溢れる3日目、

そしてある目的のため4日目と、前代未聞の2日連続参戦!!!

 

今夏は、現地からのリアルタイム下書き更新により記事を作成していく!!!

  

**11日

6:30 出発

しっかり朝を食べて行く。

 

9:00ごろ 酷災天死城駅到着。

駅までの移動は慣れたものだ。

これが埼玉県民の十万石魂だ!!

 

〜10:00 東狂酷災天死城・南天死城まで徒歩。

今回は意外とサクサク進むと思いきや。

 

10:00 個魅駆魔亜決闘・三日目開場。

ここで西天死城を目の前にして東駐車場で待機。

持ってきたヴァームウォーター4本が尽きる。荷物は軽くなったが……

 

10:40 西天死城前・東駐車場で待ち続ける。

事前に買っておいたビオレ冷やシートを顔面に塗りたくりながら耐える。

俺は生きて天死城に入ることはできるか。

 

11:00 保冷バッグ(表面アルミ)を頭に乗せてなおも耐える。

列は動かない。何枚かが車椅子で運び出されていく……

俺は、ああははるものか。

…………後で分かったことだが、この東駐車場での待ち時間と対応はコミケ過去最悪の事態であり、

当日中に運営からの謝罪文が公開されたほどだったという。

 

11:03 列が動き出した!?

 

11:20 まだだった。

冷やシート2枚目発動。耐える。

 

11:23 列が動いた!!!

 

11:50 天死城内に突入!!

回り道に次ぐ回り道の末、再び東狂酷災天死城、天守閣直下を潜る!!!

f:id:KANDWA:20190811154317p:image

今回は2020年東狂五輪に向けての改装のため東館は使用不可。

西天死城と新設の南天死城での開催となった。

f:id:KANDWA:20190811154328p:image

f:id:KANDWA:20190811154337p:image

新設の南天死城は西天死城に比べて涼しく快適だった。

うごメモ時代からの知り合いである「わがいぐにる」さんが本を出していたのでアイサツの後に買って行く。

 

そして沖には「しんかい2000」でおなじみのあの船が!!!

f:id:KANDWA:20190811154534p:image

 

13:45 欲しい本はあらかた買えた。昨年のようにうごメモ界隈のフォロワー同士で集まりたかったが

さすがに疲れたし、明日のことも考えて早めに撤収。

f:id:KANDWA:20190811154817p:image

 

14:00 酷災天死城駅前の災是離屋(サイゼリヤ)で昼食。その後帰還。

 

 

**12日

f:id:KANDWA:20190812113524p:image

二度通うのには理由がある……原田ひとみ嬢に、ひとことお礼を言いに行く。

 

8:00頃 やや遅めに出発。

まあ早く起きられなかっただけなのだが。

昨日の反省を踏まえ、ヴァームウォーターを5本に。

悪天候を考慮し折り畳み傘を用意。

 

9:00 乗る電車を見誤って30分待ち。

 

9:30 ようやく電車が出発。

 

11:00 酷災天死城駅到着。

生憎の雨で折り畳み傘が早速役に立つ。

これで行くのが3度目になるかつと氏が昼まで卓を守っているそうなので

Twitterからお待ちいただくようお願いする。

 

11:30 待機列内。雨が止む。ヴァームウォーター2本目。

直射日光は無いがかなり蒸し暑い。

 

11:45ごろ 東狂酷災天死城、再入城!!

 

今夏最大のミッション、原田ひとみ嬢の卓へ!!

f:id:KANDWA:20190812143133p:image

実は昨年冬のコミケでも原田ひとみ嬢の卓へ行き、女史の本を購入したのだが

その際「アニメ「シンデレラガールズ劇場」での十時愛梨(CV:原田ひとみ)の出番が増えるように祈っています」と告げて粗品を渡したのだった。

 

そして2019年4月〜7月、「シンデレラガールズ劇場 CLYMAX SEASON」では十時愛梨のメイン回が2回もあった。

f:id:KANDWA:20190812143845j:image

CLYMAX SEASON第3話より「お手本だよ♪」

f:id:KANDWA:20190812143919j:image

CLYMAX SEASON第10話より「暴走!?天然メイド」

 

原田ひとみ嬢にもう一度お会いして、お礼を言う……それが2日連続で天死城へ入城した理由の半分だ。

そしてその目的は、一枚の粗品、そして簡潔かつ惜しみない感謝の言葉とともに無事果たされたのだった。

お金があまりなくて「原田ひとみくじ」しか引けなかったが。

↓景品の女体せんべい(おいしくいただきました)

f:id:KANDWA:20190812185229j:image

 

2日連続で天死城へ入城した理由のもう半分、かつと氏の卓へ買いに行くのは結局一番最後になってしまった。

新刊は無かったが、別のイベントで配布されたため買えなかった本を購入できた。

 

13:50 ミッションはあらかた果たした、ヴァームウォーターも尽きた。

天死もあらかた見て回り、予算も少なくなってきたので東狂酷災天死城から退城。そして……

 

14:50 せっかくだから俺は青梅天死城にも向かうぜ!!

無料シャトルバスに乗って、青梅天死城へ!!

外はすっかり晴れ渡っていた。炎天下の中辛うじてバスを待ち、乗り込む!!

f:id:KANDWA:20190812164637p:image

東狂テレポート駅前でバスから下車。お台場フジテレビを背に見回すと

青海天死城はすぐそこだ。

f:id:KANDWA:20190812164752p:image

既に予算も底を尽きそうだったので企業天死ブースを眺めて回る。

心配だった青海天死城の空調もかなり快適だ。

この時間になると閉まっているブースも多かった。

 

…………そして。

 

16:00 第九十六回 個魅駆魔亜決闘 閉幕

f:id:KANDWA:20190812165118p:image

こうして、東狂五輪に向けて史上初の4日開催となった第九十六回個魅駆魔亜決闘が幕を閉じた。

やはり今夏のハイライトは3日目朝の地獄の待機列だった。我ながらよくぞ生きて帰ってきたものである…………。

 

うごメモ時代からの仲間たちもぐにるさん以外にも一般参加で入城した人もいたが、

疲弊と忙しさにより昨年のように集まって電子スケブを描いてもらったりはできなかった。

もし次回もまた入城する日がくるならば、また皆で集まる余裕を持っておきたいものである。

 

…………こうして、俺の蛮カラ コミケ旅行2019・夏は終わった。
今もなお無事に生きている俺、

第九十六回個魅駆魔亜決闘すべての参加者、

配布者、関係者、原田ひとみ嬢、そして、

我が読者諸君の萬歳を三呼する!!!


【蛮カラ コミケ奇行2019・夏 おわり】