どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。

パイキャン増量ペーン☆夏2015 大☆大☆大反省会場


という訳で、長い長い「夏」がやっと終わったのであります。
そして遅ればせながら、この夏恒例の企画概要とか感想とか反省点とか書いていきたいと思います。

完結メモについて

今回の完結PV「マジカル大☆大☆大増量!!!」は、前々回の更新の通り本来開幕PVとして制作が進められていましたが
結局間に合わず、完結PVとして制作を続けることになったのですが、後術の理由により8月中に制作を進めることがかなわず
とうとう10月末までかかってしまいました。
最初はこの量のPVを開幕・完結の2本立てにしようとしていたのだから己の無謀さに呆れるばかりである。

開幕PVがこの「マジカル大☆大☆大増量!!!」に変わった結果、本来完結PVとして制作が予定されていたメモは来年春のパイキャンに持ち越しとなりました。
そう、来年も懲りずにこれだけの量のアニメ制作を最低ひとつはしなくてはならないのです…………。

上等だぜ。

今夏のパイ増量について

今夏の参加作品数は111メモ(完結PV、運営削除・自主削除作品含む)+α(更新再投稿分)となり
今年春よりはメモ数は減ったものの更新再投稿分を加えれば盛り上がりとしては春にも負けていなかったと思います。
特に己のメモの更新再投稿を繰り返し、多くのキャラを増量したじぇねらる(id:tosi28)さんの健闘には眼を見張るものがありました。


ウチの「絶乳戦姫ヴァインヴァイン」のライバルとして登場し、今回の完結PVでも互いに死闘を演じた
「乳神闘士ロック・ヴァイン」。


そして今夏、ロック・ヴァインに新たな仲間が!!




(パイキャンギャル最巨乳のちよちゃんまで!)

これでもまだ一部に過ぎないのだ!!

今回初参加の人がいたり、パイキャンギャルを描いてくれた人がいたりしたその一方、
春までは積極的に参加してくれたあの人やこの人は1度きりの参加だったり参加しなかったりで非常に寂しく思うとともに、
自分の制作にかまけて彼らの勇気となれなかった事が悔しく思えたこともありました。

パイ増量水着魂リレー


昨年は「パイ増量水着魂テスト」と題してパイ作者達が天下無双の大将軍を目指し盛大にしのぎを削り合ったのですが…………

  • 半月掛けたアニメメモでまさかのTOP10入りすらならず(まだ引きずってんのか)。
  • 結果発表、参加賞メモの制作で時間がかかりすぎた。
  • そもそもパイ作者同士の作品にダウンロード数なんぞで勝手に優劣を付けてしまって良いものなのだろうか?

…………などの問題点があり、1年かけて企画を見直し、
「みんなで水着を考案し、それを提供してお互いのパイヒロインで着せあってパイ作者同士で楽しむリレーメモ」
としてリニューアルしました。

私が提供した水着はこちら↓


有志による着用例、製作例↓




コンテスト形式でなくなったことを惜しむ声もありましたが、
それでもこのリレーは参加者も多く好評だったので、
また来年も新作水着を引っさげて第2回をやりたいと思います。

新たなるパイキャンギャルの登場!!

今年の夏パイキャンでは、これまでイラストやPVで活躍させてきた7人のパイキャンギャル……


「ヤッパイの実」で己のパイを武器とする
「パイ増量人間」メルフィ


両手と胸の三刀流で戦うお嬢様!
「パイ剣豪」羅宮美鳳


ヤッパイキャラ最大の超乳、故に色んな意味で危険な
「ダイナマイトナース」代名ちよ


変幻自在、なんでもあり、超便利で優しく最強な
「爆乳魔女元帥」ヴァモラ


若くしてスイーツレストランのはちゃめちゃオーナー、
「爆乳パティシエ」ドルチェ・イーテン


メカとケンカなら任せな!その正体は鋼の肉体と胸を持つ伊達女!
「鉄乳(パイボーグ)」フラン・K・ノリス


見るからにヤバイぜ、悪霊を呼びこむ爆乳ズンビー!
「ソウルプリンセス」呪々・キドニーバンクIII世

…………の7人の紹介メモを更新するとともに、新たに2人のパイキャンギャルを追加しました!!


正直者だけどちょっと頼りない、
「ぽっちゃり巡査」マコト・ウソベ
しかしその正体は…………







「マイティーライセンス」で凛々しく?変身した自称女刑事!!
「マイティーポリス」パイデッカーだ!!

そして現時点最後のパイキャンギャル、9人目を飾るのは…………

祖父母の店「パチスロ極楽」で暮らす普通の女子高生だった「閃堂まなみ」
だが、彼女もまた────




スロット型の変身ブレス「ソロッターバングル」で変身する乳(new)ヒロイン
「回胴閃兎ビクティバニー」なのだ!!!!
彼女は上記の基本タイプ「ラブリーチェリー」を含む、7タイプ+αの変身タイプを持つ!!


ひとつでも出れば変身できるチェリーが3つ揃えば
「ストロングチェリー」!!


ベルを3つ揃えて「ラッキーベル」!!


プラムを3つ揃えて「ボンバープラム」!!


イカを3つ揃えて「ビッグスイカ!!


BARを3つ揃えてアメイジングB.A.R」!!

ここから先は、滅多に変身できない必殺タイプ!!

青7を3つ揃えて「フィーバーセブン」!!!


そして世界中の勝利と平和への願いとともに、赤7が3つ揃えば
最大最強の「ビクトリービッグセブンだ!!!!

しかしスロット型の変身アイテムならば、当然ハズレもあるわけで……

無残!!変身失敗「オーノー・ミステイク」

前回更新での誕生日祝いで多くの方に描いていただいた自慢のヒロインです!!

…………しかし「パイデッカー」の時点で8月末ギリギリになった挙句、「ビクティバニー」の方は7タイプ変身+αのため
制作は極めて難産となり、さらに追い打ちをかけるように9月末に風邪を引いてしまい、すぐに治ったものの結局
ビクティバニーの公開はパイキャン終了から約1ヶ月半後になってしまいました。そしてビクティバニー紹介メモのページ数は
なんと残り8人のギャルたちの紹介メモのページ数の合計147ページとほぼ同じ148ページ!!!

なにしろ今回のPVに登場させた以上、この二人の紹介を済ませないことにはPVが出せなかったのですよ……。
もはや「うごメモ天使はかなちゃん」「絶乳戦姫ヴァインヴァイン」と並ぶ第3の変身ヒロインとなった「回胴閃兎ビクティバニー」
これからも何らかの形で活躍させていきたいものです。

そして最後に大★大★大反省会

さて、今夏のパイ増量において私の運営態度によって第1回パイキャンからの常連である
とあるパイ作者から痛烈な意見を戴くことになってしまいました。

最近色々やろうとしすぎて、うごメモの一部の方々に恒例の『πキャン』出遅れてます。
ところで主催者はまた『男も食品もOK』と参加要項に書き忘れてないか?
そうへい氏の時代と違って女のみなら、初代の意志を継いでるとはいえなくないか?

この件については「パイ増量のしおり」の更新により次回から対応したいと思うのですが。


問題はこれだけではありませんでした。

πキャン、主催者のある発言にやる気が失せ、今描いてるメモはお蔵入りにしても問題ないかな、と頭によぎった。

ネタメモに対しての『嫌な予感』発言。
どんなネタメモでも平等に扱ってあげてほしかった。
ネタメモに、ああいう言われ方を自分がされたら悲しくなりませんか?嫌な思いをしませんか?

↓その発言。某氏の「ナイスパイ女子だと思った?残念!!男でした!!」的なネタメモへの反応。(サブ3DSLL「ザ・パートゥノ」から)

自分の場合、こうした趣旨にあえて反したネタメモではっちゃけるなら
歩行者天国に引きずり出されて数百人くらいに囲んで棒で叩かれ、さらに
家に手榴弾や火炎瓶を大量に投げ込まれて家が全焼するぐらいの覚悟を決めて投稿するはずなので
多少批判とかが来ても「やっぱりなwwwww」と笑い飛ばせるのですが、
他の方は流石にそこまで覚悟していないようで…………。

πキャン。
ネタメモへの温度差からメモ消去。
水着メモは大量に溢れてるからもういいや的な気分によりお蔵入り決定。
自分ちの女傑メモは最終日に間に合えばいいな的な感覚。

ついでにある作者に『大本命』発言を主催者アカで出したので、別に作品出さなくても問題ないかと思い始めました。
平等テンションだったそうへい氏の時代が懐かしい…

…………こうして…………「どうか……御蔵入りだけは考え直してください。」という願いも虚しく
ひとつのパイ作品が主催者の目に触れることなく闇へと葬り去られてしまった……………………。

最初の「大本命」発言はこちら。だがこれはご覧の通り「ザ・パートゥノ」側のものだ。

私はさらに確認を進めた。すると……

や ら か し て ま し た 。


もちろんそのパイ作者にも、「妙な予感が……」と発言してしまった作者にもすみやかに謝罪しました。
その結果。

遠ざかると言うか、テンション下がる?の方が合ってるかも。
せめてサブアカのパッさんだけで贔屓発言を留めてほしかった。
元々私自体が自称ネタ作者なんで、ネタに厳しいと参加しにくいっす。

そうへい氏は食べ物ネタメモでもほぼテンション変えずに、冗談混ぜてコメントしてくれてたので、そういうのが平等感があったのかと。
色んな人のメモを借りて動かすメモを作成した時でも、食べ物も円周率も込みで作成してたし。

こうして、そのパイ作者との関係には簡単には埋められない大きな溝ができてしまいました。
別にネタメモや男性キャラのパイ増量には厳しくした覚えはないんだけどなぁ…… と言いたいのですが
実は昨年の「パイ増量水着魂テスト」授賞式メモでも今年より酷いことをしていました。

昨年の魂テストには、実は一人だけ男性キャラの参加者がいました。しかし……






実際これはひどい

こうして、水着魂テスト唯一の男性参加キャラはその姿すら描いてもらえず、
私の身勝手な判断により失格となったばかりか逮捕オチの上見なかったことにされるというあまりにも残酷な最悪の扱いをしてしまいました。

……その結果。

過去にお目汚し作品があったとしても、それはまあ一昨日の方角に置いといて、男の胸板も美味しく焼けたミートパイも円周率ネタもありと表記する事で参加者が増えるかも?とか思いますにゃー。
柔軟にいきましょ。

一応初代からの参加者として今後もπキャンに最低一作品は出していくつもりなので、そうへい氏の意思を継ぐというのなら、もう少し誰でも参加しやすい空気を作って欲しいかな、と。



これが、俺の「ケジメ」だ。

俺はおっぱいの大きい女の子が好きだが、それだけではそうへい氏の意思を正しく受け継いだ
パイキャンの主催者は務まらないと、俺はまだまだなのだと、思い知った。
何より俺は、「おっぱいの大きい女の子にしか興味のないただのドスケベアホバカクズ」などに成り下がるつもりはない。

だから俺はあえて、完結PVのパイ揺らしパートでただ一人だけ男性キャラのパイイラストを惜しげも無く使用した。

(作:くじらだ ユウ)
毎度おなじみのくじらださんは今年も魅力的なパイを提供してくれたにもかかわらず、だ。
だが彼はこのイラストにこの一文を残した。

「パイは女子だけのものじゃない。」

私はこの言葉に背中を押され、この言葉を信じ、彼のイラストを採用した。
その一歩は小さな一歩であるが、俺が真のパイキャン主催者となるための大きな一歩だ。
そして…… 深く刻まれた絆の溝を少しでも埋めるためにも。

私はそうへい氏の意思を継いだパイキャン主催者として、今後はいかなる形でのパイ増量にも
別け隔てなく「ナイスパイ!!!」の言葉を送り、決して特定の作者を贔屓してしまったりせぬよう
言動に気をつけて企画運営を行っていきたいと思います。

最後に

こんな事を描くとまた参加者が怖気づいてしまうかも知れませんが、事実なのであえて書きます。


「良い関係が築かれていた」と思われていた私達と運営との関係は、とっくの昔に崩れました。
この夏の間に、幾つかのメモが新旧問わず問答無用で削除されてしまいました。

「進撃の巨乳」の頃はまだ通報→非公開→再確認→削除or再公開、と余裕があったのですが
最近ではなんの予告もなく突然「投稿を削除しました」の通知が無慈悲に届けられ、しかもそれが半年〜1年前くらいのメモだったり。
しかもこの文面では何が違反なのかも分からないし、通報があって対応したのか、運営が直接発見して対処したのかも分からない。
勿論「利用ガイドをご確認ください。」なんて言われたところで、何万回見なおしても詳しい削除理由などこちらに判別できるわけもなく。
「わいせつな投稿」??「猥褻」とは一体何だ!??tkbも性器もちゃんと隠しているんだぞ!!!
こちとら、もう違反するために投稿した覚えなんてないんだ!!!!


そしてこの無慈悲な二択ですよ。

何たる非道!!一方的に違反だと決めつけた挙句、その最後の判断を作った作者本人に決めつけさせようと言うのです!!
これに「はい、わかりました」と答えることで、一体どれだけのものが否定され、失われるのか運営は考えたことはあるのでしょうか?

一切の努力もない丸コピーメモならばとにかく、作者自身で描かれたメモには必ずその作者の人生が懸けられています。
運営の勝手な判断で削除されたメモには、昨年の夏パイキャン完結PVもありました。
あのPVを作るために、何日費やし、その間どんな思いで、どんな苦悩と焦燥を抱えて制作に挑んだか。
運営は考えたことはあるのでしょうか?

「いいえ、違反していません」という選択も、実際は無意味なもの。
運営の判断で削除された以上、こちらがどんなに弁明してもそれが撤回されることは絶対にありません。
「投稿の再確認のご案内」と称して「確認しましたがやっぱり違反でした、利用ガイドをご確認ください。」と書かれた無慈悲な通知が「自動的に」届くのみ。

運営は、一度削除を決めた作品の再確認などしてはくれません。
(今年春の「πのフリップノートメモリーズ」が削除された際、「いいえ、違反していません」を押して戻ってきた瞬間に「投稿の再確認のご案内」が届いたことがあり、それで確信しました。)
もしかしたら、「いいえ、違反していません」と何度も食い下がったユーザーは、悪質ユーザーとしてブラックリスティングされ、
次回違反時にレベルダウン、一定期間利用停止、投稿権剥奪などのより重い処罰が下されてしまうのかも…………。

「違反です」→「はい、わかりました」
これほど創作者にとって残酷な選択があったでしょうか。
運営の機械的で冷徹な判断を受け入れ、自分で作った作品を自分で否定することを強要することが、
ワールドうごメモギャラリーを正しくご利用いただくため」と言えるのでしょうか?
老若男女を問わず創作者となれる場所として正しい判断だと言えるのでしょうか???

もはやかつて、はてなが望んだ「ここからイラストレーターさんとか漫画家さん、アニメーターさんが育ってくれると嬉しいよね」という願いは、
今のワールドうごメモギャラリー運営には無いと断言します。




「夏」はとっくの昔に終わりました。
これからの私は、本来進めるべき連載の制作に戻るだけです。
それらはおそらく削除に怯えることなく進められるでしょう。

また、来年3月にはクラブニンテンドーに代わり、新しい総合アカウントサービス「マイニンテンドーが始まり、任天堂は本格的にスマートフォン市場に参戦します。
岩田社長亡き後、新体制の中でうごメモはどう変わっていくのでしょうか?それとも…………。
連載を持っているうごメモ作者は、そろそろ腹をくくり、身の振り方について考える時が来ているのかもしれません。

もはや先のことは誰にも予測できません。
私はただひたすら制作を進めるしか無いのです。
あっという間にやってくるであろう、来年の「春」に備えながら…………。

それではまた、次回の更新でお会いしましょう。

10/31追記


パイキャン増量ペーン夏 2015