どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。

ナビス語り 第5週

f:id:KANDWA:20201201114155p:plain


ワールドうごメモギャラリー」で好評だった後、現在YoutubeKANDWAのうごメモチャンネル」にて

毎週月曜〜金曜日夜19:00に連載公開されている「ナビス」シリーズの今週のコメンタリー記事です。

 

※コメンタリーには各話のネタバレが含まれる場合がありますので、心配な方は先に動画の方を閲覧していただくことを強くオススメします。

 

www.youtube.com

 

「ナビス」第1シリーズだけを観るなら→【こちら】

 

 

ナビス2 #3「描画」


ナビス2 #3「描画」

 

【ナビス5兄弟!編】

ナビス5兄弟もみんなで協力して立って歩けるようになり、5匹そろって「子ナビス」になりました。

前作「ナビス」がナビス誕生から1ヶ月間の物語だったのに対し、「ナビス2」はナビス誕生から1年間の物語にすると決めていたので

ここからは毎回急速に時間が流れていきます。

 

ナビスが5兄弟になったことで留守番も寂しくなくなったのですが、

「ナビス2」開始直後に「ナビスに足りなかったものがすべて揃いました。」とコメントされたことを今でも覚えています。

 

さて、赤ちゃんナビス期を経てやんちゃな子ナビスになり、やんちゃな子供と言えば落書きだろう!と

前シリーズではやらなかった「落書き」をテーマにした回です。

ただ落書きを咎めるだけでなく、思う存分落書きできる場を用意してあげるところに主人公の優しさと機転が見られますね。

 

そして完成したナビス達の「作品」。周りにナビスしかいないのでナビスばかりの中、画用紙いっぱいに描かれた「超大作」。

それは、ナビス達に主人公への明確な「信頼」が芽生えている証拠であり、やがてこの絵は主人公の大切な宝物となって、

そしてシリーズを通しての重要なアイテムのひとつになります。

 

なお、ナビスが最初に折れたシャーペンの芯を持って喜んでいるシーンは、「ナビス#9 『歩行』」の最後で

ナビスが泣いているシーンの表情などを変えたものです。

自分で描いたものであれば、どんなものにだって再利用の機会はあるものですね。

 

ナビス2 #4「育児」


ナビス2 #4「育児」

 

 【ナビス5兄弟!編】

#3で5兄弟が子ナビスになったと思ったら、一気に大人になり、そればかりかついに5兄弟の一匹が天に召されてしまいました。

実は、ナビスの寿命は1ヶ月ぴったりではなく、一週間〜二週間ほど前後します。

「ナビス2」ではいろんな世代のナビスを共存させたかったので、ナビスが亡くなるタイミングが全員同じだと

産まれてくるナビスが全員同じ世代になってしまうからです。

 

そのため、心は痛みますが5兄弟のうちの一匹には一足先に天国に旅立ってもらう事になりました。

そして迎える芽吹き、開花、収穫の時。こうしてナビス達ははじめての別れとはじめての出会い、そしてはじめての子育てを経験する事になるのでした。

それにしても2匹目の最期にして主人公のこの慣れっぷり、我ながらちょっと恐ろしく感じます。

 

ナビスは死んでからはじめて子供を残す生き物のため、「育ての親」は存在しても「産みの親」の存在を知ることはありません。

なんだか寂しいですね…………。

 

ナビス2 #5「信仰」


ナビス2 #5「信仰」

 

【生命の試練編】

そんなこんなでナビス5兄弟もあっという間に天国に旅立ってしまいました。

ワールドうごメモギャラリー」連載時は次の話の執筆期間や「うごメモ天使はかなちゃんFINAL」「パイ増量キャンペーン」の

執筆などのブランクがあったのですが、こうしてYoutube平日連載にすると展開の速さに自分でも驚きます。

 

そしてナビス達はさらに数が増えた新世代となり、新章「生命の試練編」に突入します。

まずは前シリーズ終盤で活躍した「ウサハチ」のその後のお話。

産まれてはじめて見るウサハチと、その動きに驚いて泣くのも忘れて腰を抜かしてしまう子ナビス。

やがてウサハチは子ナビス達の間で神様のような存在として崇められ、やがてナビス達の吉凶を暗示させる存在になります。

ここでナビス達は、「崇拝」と「信仰」という感情に目覚め、文化レベルがアップするのでした。

 

ウサハチが動かなくなったある日、何か悪いことが起こるのではないかと恐怖におののくナビス達。

奇しくも、その悪い予感は次回的中することになります。

 

ナビス2 #6「惨劇」


ナビス2 #6「惨劇」

 

 【ナビスの育て方】

栄養をふんだんに含んだナビスの身体は、ネズミなどにとって格好の餌になります。

ナビスが増えてきた場合、ネズミなどに襲われないように駆除・対策を徹底しましょう。

 

完全に身体が熟す前になんらかの原因で生命活動が停止したナビスは、

土に植えて水をあげようとも決して芽を出すことはありません。

 

【生命の試練編】

いよいよ、「生命の試練編」が本格始動、ナビス達がかわいいだけだった物語が一変し、

「ナビス2 予告編」の最後に一瞬だけ映った最初の驚異、「ネズミ」が登場します。

そして残酷でショッキングな表現が初めて見られたこの回が、「ナビス」シリーズ全体の流れを変えていくことになります。

 

家の中であっても、ナビスたちにとって完全に安全ではありませんでした。

ネズミに無惨にも食い殺された赤ちゃんナビス。

赤ちゃんナビスを救おうとして返り討ちにあい、片方は頭に傷を、

もう片方は隻腕になってしまった大人ナビスたち。

 

残されたナビスたちが深い悲しみに包まれる中、隻腕のナビスが見つけたのは…………!?

 

ナビス2 #7「復讐」


ナビス2 #7「復讐」

 

【生命の試練編】

ネズミに破れ、隻腕となったナビスが見つけたのはナビスにとってはじめての「武器」、五寸釘でした。

怒りに燃え、「武器」を振るい鍛錬に勤しみながらも、その瞳には堪えきれぬ涙。

この回は、隻腕ナビスによる「惨劇」の詳細が描かれる回想パート、

そして隻腕ナビスによる復讐が成し遂げられるまでの戦闘パートの二部構成になっています。

 

とにかく全編においてネズミの恐ろしさを出せるように尽力しました。

回想パートは2匹の大人ナビスが負傷し、赤ちゃんナビスが食い殺されるシーンを生々しく描き、

残された赤ちゃんナビスの手足を手に、赤ちゃんナビスの死を理解させられた隻腕ナビスが号泣するシーンで一気に盛り上げました。

戦闘パートでは隻腕ナビス渾身の一撃を回想パートと対をなす飛び込みのシーンから、飛び出す手のアップと赤背景シルエットで強烈に描きあげました。

 

なお、暗くてわからないかと思いますが戦闘パートで横になっているナビスは引っ掻かれて頭部に負傷した大人ナビスであり、

傷口からのにおいでネズミをおびき出して隻腕ナビスが倒すという作戦でした。

 

こうして、ナビス達は「武器を手に脅威に立ち向かう」知恵と勇気を手に入れ、

文化レベルが原始人レベルに上昇しました。これが意味するものは…………

 

今はまだ、語らないでおきましょう。

 

 

次回、一匹の赤ちゃんナビスの大冒険!?

さらに季節は一気に夏になり、

ナビス達に最悪の脅威が襲いかかる!!

来週も、レッツ・ナビス!!