どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。

うごメモ天使はかなちゃん 第10話解説


「立ちあがれ!! 炎と氷の勇者!!!」

はかなちゃんの前口上

前回のラストで行われたものと同じもの。
最後にメタボンの台詞が入っているが、このシーンは第3話以来久々の登場。
本来変身シーン後の演出だが、今回変身シーンがないため前口上での登場となった。

「前口上は1回でいいの!!!」

確かに前回もやっているのだが…。

「ラケットはもう一本あるんだ!!」

オニガスマッシュの武器であるラケットは、前回のはかなちゃんの登場時にへし折られてしまった。
だが、今回は周到にももう一本用意していたようだ。

スターチップス

イエロースターを粉末にして練りこんで焼き上げた、うごキャラ族に伝わるお菓子。
一枚だけでもものすごい栄養とエネルギーが含まれている。
三日間何も食べていなかったゼドアも、これを食べることによって完全復活した。

人質脱出シーン

逃げる姉貴の後ろで走っているのは、「タカノリ」(id:tumego)氏のオリキャラ『サツキ』
前回のコメントにてリクエストがあったため、クイズ大会の参加者の一人として登場となった。

鬼キャノン

オニガスマッシュの両肩に搭載されているキャノン砲。
巨大なテニスボール型の砲弾を発射する。

鬼がレシーブ

「鬼がスマッシュ」の派生技。
はかなちゃんが砲弾を跳ね返した一瞬の隙を狙って、吹っ飛ばしてしまった。
そして、はかなちゃんはなんと火山の火口へ……!!!

スイーツ男爵

第5話で登場したスイーツ男爵が再び三悪を戒めるために登場。
今回は海パンのリゾート仕様となっている。
しかし、流石の三悪も今回ばかりは勝利を確信したようだが…?

「いくらはかなと言えど、今度こそオダブツだ!!!」

そう叫ぶうごマロの前で、メタボンはウゴマル達に何か耳打ちしているようだが…?

スター・アイスの武器

スター・アイスがタッチペン型の武器を使うのは、スター・アイスの作者
ファイアイスター(id:Kazusige)氏の公式設定。

アイスエッジ

タッチペン型の武器から、氷の刃を飛ばす氷魔法。
「はかなちゃん」でのオリジナル技。

ファイアトルネードドライブ

炎神の剣を回転させながら舞い上がり、上空から炎の竜巻を叩き込むゼドアの必殺技。
「はかなちゃん」でのオリジナル技だが、技自体はたくや(id:zedoa)氏の公式設定の技
「ファイアスピンブレイク」をパワーアップさせたものになっている。

炎の竜巻を放つことにより、近距離しか攻撃できないファイアスピンブレイクの弱点を克服した。


…実は、「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」の王子キーファの必殺技
「真空火炎斬り」が混ざっている。

「ヘッ!!決まったぜ!!」

仮面ライダー電王」での、仮面ライダー電王ソードフォーム(=モモタロス)の決め台詞のパロディ。

ゲロニウム合金

今回、ゼドアとスター・アイスと戦うことを考慮し、メモゲロベエが三悪にメカの材料として与えた特殊な合金。
二人の必殺技にもビクともしないところを見ると、その防御効果は絶大のようだ。
メモゲロベエ自ら指令を与えただけあって、今回の作戦のメモゲロベエの本気度が伺える。

アブクゼニ再登場

姉貴たちと共に脱出したかと思われたアブクゼニだが、ゼドア達と共に戦うために戻ってきたようだ。

アブクゼニの呪文詠唱シーン

このシーンは、原作者J-エドワード氏(id:J-edward)の以下のメモ内で
アブクゼニが呪文を詠唱するシーンが元になっている。

ライトニング

重力を自在に… 操るわけではなく、雷を放つ魔法。
「はかなちゃん」オリジナルの魔法であるが、実は
うごメモ対抗ビーチバレー大会」のメモ内で既にやっている。

感電する三悪

電撃でしびれて骨が見える、古典マンガ的表現。
ゲロニウム合金は炎や氷に強くても、電気は通るようである。

はかなちゃん再登場

マグマの中を泳ぎ切り、強力なマジックバリアに守られたはかなちゃんが再び登場。
はかなちゃんは不死身だ!!

「ゲロゲロ!!!どこまでバケモノなんだお前は!!!」

全くである。

「ほらネ やっぱりボクの言った通りだったろ!?」

どうやらメタボンがウゴマルたちに耳打ちしていたのは、はかなちゃんは無事だということだったようだ。

今週のクライマックス

うごマロが威勢よくボタンを押したはいいが、アブクゼニの電撃により
メインコンピュータが故障し、メカは正常に作動しなかった。

はかなちゃんのとどめ前口上

第5話以来の、旋風寺舞人顔負けの口上が再び炸裂。

はかなちゃんの攻撃

オニガスマッシュの胴体に体当りし、さらにそのまま上空に舞い上がり、
一気に地面に叩きつけた。
実は、「逆転イッパツマン」第1話での逆転王の技「逆転ボディースラム」が元になっている。
炎と氷に強かったオニガスマッシュも打撃には弱かったらしく、見事にボロボロになってしまった。

「もうあいつ一人でいいんじゃないかな」

自動誌に掲載された昭和仮面ライダーのオリジナルコミック「11ライダー戦記」内において、
圧倒的な能力を見せる仮面ライダーBRACKRXに対し、仮面ライダースーパー1が言い放った台詞が元ネタ。

溶岩にも耐えられる体、変幻自在の3タイプ変身など、はかなちゃんとの共通点も多い。

合体必殺技 トリニティバンカー

ゼドアとスター・アイスの放った炎と氷のエネルギー弾を、はかなちゃんが取り込んでパワーアップ。
強大なエネルギー光線に変換してリボルバンカーから射出する。
実はこれも、「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」の合体技「螺旋撃」が元になっている。

ちなみに、はかなちゃんが振りかぶるシーンは第10話執筆開始報告メモのカットを加筆したもの。

「ニューヨークに行きたかった!!!」

昔の人気番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」での司会の名台詞
「ニューヨークに行きたいかーーー!?」が元ネタ。
今回がクイズ大会の話だったことに由来する。

「これにて一件落着♪」

勝利後のこのメタボンも第3話以来久々の登場。

星の方舟

スター・アイスの家に伝わる空飛ぶ巨大な船。
スター・アイスおよび、スメターが召喚することが出来るようだ。

「水に落としてもダメ!!」

第5話で、はかなちゃんをプールに沈めたときの事。

「ガムで固めてもダメ!!」

第7話で、瞬間硬化弾(ガム製)ではかなちゃんを固めた時の事。

「奴らはもうこの島からは逃げられませんヨ!!」

この段階では、うごマロははかなちゃん達が星の方舟で脱出したことを知らない。

「あそこのボートで脱出すればいいのです!!」

オニガスマッシュ(=移動用のヘリコプター)が破壊された時のために、こっそり3人乗りの小型ボートを用意していたうごマロ。
しかし、そのボートにはすでにメモゲロベエが…

「正解はどっちもハズレ!!」

最初から脱出させる気など無かったとはいえこれはひどい

今回のおしおき

メモゲロベエの言葉通りスズメバチでもピラニアでもなく、デオド山が噴火し
三悪はマグマに追いかけられる。
実はこれがやりたかったがためにデオドラン島を火山島にしたのである。

うごマロのお部屋 第10回


今回は「うごマロのお部屋」も本編内に入っているのだが、
結局容量内に収まらず、後半を別のメモにする事になった。