どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。

うごメモ天使はかなちゃん 第4話解説


「ミル子 登場!! うごマロ牛乳の甘いワナ」
「うほっ!いいおとこ」氏のオリキャラ「ミル子」が登場する第4話の解説。

うごマロ・メタボー復活

お仕置きのダメージを乗り越えてついに三悪集結の時!!

メモゲロビンの工場が倒産

メモゲロベエには三悪以外にも仲間がいたようだが、
この不況は彼らにも深刻な影響を与えたようだ。
これ以後、三悪は巨大メカで戦闘することになる。

タイトルロゴ

うごメモがver.2になったので、それに合わせてタイトルロゴも若干リニューアル。
背景の☆を綺麗にし、「第○話」の部分を見やすくした。
また、サブタイトルの場面にも背景をつけた。

ミル子

「うほっ!いいおとこ」氏のフリーキャラ。
牛乳を飲むと胸が大きくなる特異体質を持つ。
その後、コーヒー牛乳を飲むと「黒ミル子」になるなどの派生設定が生まれた。
利用規約との戦いによる、紆余曲折を経て現在の地位を得た波乱万丈のキャラクターである。

偽アフロ

「アフロ」は「FDD(id:future76)」氏のオリキャラ
こちらはうごマロが変装したニセモノである。
本物はマッチョだがニセモノはガリガリ、ニセモノの方は耳が尖っているなどの
違いがある。

うごマロ牛乳

飲むとうごマロと同じ顔になってしまう恐ろしい牛乳。
ミル子以外にも同様の効果があるものと思われる。
うごマロは化学分野においても天才で、こうした薬も簡単に作ってしまう。

「私そっくりのイケメンに変身できる…」〜

うごマロは自分の顔をイケメンと信じて疑わない様子。

フルーツ牛乳

これを飲むとうごマロ牛乳の効果を消せるらしい。
うごマロが普通のフルーツ牛乳に細工をしたものと思われる。

ざわ… ざわ…

福本伸行氏の漫画「賭博黙示録カイジ」シリーズで見られる書き文字。

ミル子チャレンジ

ミル子がさまざまな競技にチャレンジするというバラエティ番組。
「FO(id:inpaku-interface )」氏が司会を勤めている。
今回は公開録画で、はかなちゃんとうごキャラが観客席にいる。
「ミル子はもともといろんな事にチャレンジするキャラクター」という設定に由来する。

FOさん

「FO(id:inpaku-interface )」氏の作者代理キャラ。
「サブ2号」と呼ばれることもある。
氏のうごメモやちょっとメモによるコメントで多く使われる。
常に汗をかいているのが特徴。
「はかなちゃん」では、なぜか半裸のマッチョという設定になっている。

FOさんの前に現れた女性

ミル子が出られなくなったこととを知らせ、代わりにうごマロとメタボーを
登場させたこの女性、実はメモンジョの変装である。

メタボーの奇人変人のコーナー

元は「ヤットデタマン」作中での三悪の1人「アラン・スカドン」の
名物企画「スカドンの奇人変人のコーナー」のパロディ。
ヤッターマン」の戦闘シーンの曲をチンドン屋風にアレンジしたBGMの中、
スカドンの常人には不可能な特技を披露する珍コーナー。
「はかなちゃん」では、メタボーが初代DSを口の中に入れるという奇人ぶりを
発揮した。

初代DS

最初に発売されたニンテンドーDSは後継機のDSLiteDSiよりも大きく重かった。
これを口に入れてしまうメタボーは相当口がデカイと思われる。

「よい子はマネしないでね!!」

子供向け作品で、この手の危険な行為が行われるときの決まり文句。

アフロ

FDD(id:future76)」氏のオリキャラ
詳しくは10-02のエントリー「うごメモ刑事スターマン 解説」
を参照。

うごメモ論的☆直感のポーズ

うごメモ論的☆直感」については10-02のエントリー「うごメモ刑事スターマン 解説」を参照。
アフロのポーズは「護法少女ソワカちゃん 11話」でのマローラモのポーズそのもの。

うごマロとメタボーのコント

人気漫才コンビ「オードリー」が出演したニンテンドーDSiのCMのパロディ。

うごメモでも、このCMを題材としたメモが多く作られ、オードリーが
マリオとルイージになっているメモもあった。

「マロちゃん ワイがホントにイケメンやと思ってはるんでっか?」

自分同様、メタボーがイケメンだと思っているうごマロ。
しかしメタボーはうごマロほど自分の顔に自信があるわけでは無いようだ。

「貴方がイケメンじゃなかったら私なんか超ブサイクですヨ!!」

一応、うごマロにも自分がブサイクだという自覚はあるようだ。

「お前らを通報する!!」

うごメモポリス」の規則により、犯罪者の逮捕は刑事以上でないと行うことが
できない。巡査であるアフロは通報しか出来ず、他の刑事に逮捕を頼むか
スターマンとのフュージョンを承認してもらい「うごメモ刑事スターマン」に
ならなければ犯罪者を逮捕できない。

「ケッ!!サツが恐くてタレントがつとまるかヨッ!!!」

芸能人の不祥事が相次いだ今、このうごマロの台詞はいささか不謹慎である。

「メモンジョ様〜 出番ですヨ!!」

コントで使っていたDSiが実はメモンジョとの通信機だった。

うごメカ

三悪「底辺うごメモラー」が対はかなちゃん用にガラクタから製造した
戦闘メカの総称。由来は「うごメモ+メカ」。

ヨシギュード

今回初登場したうごメカ。「ミル子→牛乳→牛→牛丼→吉野家」という発想から。
なぜか鼻の穴の下に鼻輪がついている。
デザインは、「ヤッターマン」に登場する「ヤッターワン」に酷似している。
右手には、肉を叩いて軟らかくするためのハンマーのようなものを持っている。

「焼肉焼いたら家も焼け〜」

日本食研「晩餐館 焼肉のたれ」のCMでの「焼肉焼いても家焼くな!」のパロディ。

「ミンチになれ〜!!」

勇者王ガオガイガー」で、必殺武器「ゴルディオンハンマー」を使うときに
主人公・獅子王凱が叫ぶ「光になれぇぇぇぇぇぇ!!」が元ネタ。
なお、youtubeで英語字幕が付けられるときも字幕では「HIKARI NI NARE!!」
と表記される。

動けなくなったアフロ

ハンマーのトゲとトゲの間に挟まったのでダメージは受けなかったが
動けなくなってしまった。

「よ〜しはかなちゃん!! 変身だーーー!!!!」

勇者王ガオガイガー」で、ファイナルフュージョン承認やディバイディング
ドライバー射出時の指示を出すときに大河長官や火麻参謀が指を指すシーンの
パロディ。
人差し指が強調される独自のパースで描かれている。

変身シーン

ver.2ということで変身シーンもリニューアル。
身体をリボン状の光が覆いコスチュームに変化する、いかにも変身ヒロインらしい
変身シーンになった。

はかなちゃんの前口上

勇者特急マイトガイン」での主役ロボ・マイトガインが悪役メカの前に
現れたときの前口上のパロディ。

マイトガイン」では、合体シーンの最後にロボ名を名乗らず、敵の前に
現れてから専用の前口上バンクシーンで名乗りを上げる。


マイトガインを見た悪役が「まさか、噂のマイトガイン!?」と叫んだ後
主人公でありマイトガインのパイロットである「旋風寺舞人」が「そう… その通りッ!!」と叫び
その後にマイトガインが「銀のつばさにのぞみを乗せて!ともせ平和の青信号!
勇者特急マイトガイン、定刻通りにただ今到着!!」と名乗るのが一連の流れ。
「銀のつばさにのぞみを乗せて!」の部分は、マイトガインの左腕になる
「ガイン」のモチーフが東海道山陽新幹線“のぞみ”であり、右腕になる
「マイトウイング」のモチーフが山形新幹線“つばさ”であることに由来する。
名乗りバンクでは「銀のつばさに」で右腕(つばさ)、「のぞみを乗せて!」で
左腕(のぞみ)を突き出し、「ともせ平和の青信号!」で額の信号状のパーツを
指差す。
勇者特急マイトガイン」の主題歌「嵐の勇者(ヒーロー)」の歌詞にも
「銀の翼に 希望(のぞみ)乗せたら」という部分があり、マイトガインの前口上は
作品を象徴するシーンであると言える。


「はかなちゃん」では、「そう… その通りッ!!!」のシーンはうごキャラの3人が担当しており、
はかなちゃんの前口上は「勇気のペンに誠意を込めて!!灯せ勝利の大金星!!!
うごメモ天使はかなちゃん… 御意見無用でただ今参上!!」とアレンジされている。
ちなみにこの前口上はノーマルタイプのもので、登場したときのタイプによって
3種類の前口上が存在する設定になっている。

「やっておしまい!!」「うごホラサッサー!!!」

「やっておしまい!!」はタイムボカン歴代女ボスが残りの2人に命令するときの
決め台詞。「うごホラサッサー!!!」は「ドロンボー」のボヤッキーとトンズラーが
ドロンジョに返事をするときの台詞「アラホラサッサー!!」のアレンジ。

久々にヤマバ

ボヤッキーの台詞「今週のヤマ場〜!!」と、2ちゃんねるのコピペAA
「久々にワロタ」を合わせたもの。

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | こういうスレが沢山立ってた
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < のが昔のガ板なんだよな今の新参
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | は昔のガ板を知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_


AAのおっさんの元ネタは「銀河英雄伝説」に登場する「ハイドリッヒ・ラング」。

この長台詞をしゃべっているうごマロの顔もラングに似せている。

「早くおしっ!!」

あわれ、台詞が長すぎてメモンジョに怒られてしまった。

ポチッとな

ヤッターマン」でボヤッキーが操縦席のボタンを押すときの台詞。
今回からメカ戦になり、ようやくこの台詞を使うことが出来た。

ボーン人間登場

ヤッターマン」で、「メカの素」を食べたヤッターワンが口から
ゾロメカ(ビックリドッキリメカ)を出撃させるシーンそのもの。

ボーン人間

KANDWAの著作権フリーキャラで、雑魚キャラ専門の悪役キャラ。

名前は「棒人間」と「ボーン(骨)」をかけている。
強い悪役にコキ使われることを生きがいとし、ヒーローに倒されることは
彼らにとってごほうびである。
数はやたら多いが、とにかく弱い。


最初は「ひだまりスケッチ」の2次創作アニメ「魔法の横綱スゥイートヒロ」
の敵組織・ガリガリ教団の戦闘員という設定だったが、雑魚キャラ需要を考え
フリーキャラになった。

雑魚キャラ需要は高かったらしく、今では「底辺うごメモラー」の三悪よりも
登場作品が多い。

ヨシギュードに斬りかかるはかな

タッチ剣を構え、回転しながら舞い上がる様は「勇者特急マイトガイン」の
オープニングのパロディ。

最後のシーン

破壊されたヨシギュードの残骸から新たな影が…
戦いはまだ終わっていなかったのだ!!

うごマロのお部屋 第4回


やっとうごマロが復活したが、ついにメモ容量が足りなくなり別メモで
公開されることになった。
「うごマロのお部屋」は、本編と共に「うごメモ天使はかなちゃん」
チャンネルに関連付けされている。