どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。

超ファミコシ珍拳EXPRESS 「ライクドリーマー」の巻!!

 

ライクドリーマー

☆真・ど本格爆乳ハイパー弾幕STG登場!!いざ、承認欲求の夢の果てに死ぬがよい!!!☆


www.youtube.com

ハード:Steam
流派:真・ど本格爆乳ハイパー弾幕シューティング
操作性:あたたた
熱中度:あたたた
持続性:あたた
サウンド:あたたた
キャラクター:あたたたた
ストーリー:あたたた
難易度:あたた~ひでぶっ!!!
お買い得度:あたたた
快適度:あたたた
お手軽度:あたた

 

f:id:KANDWA:20210107223310p:plain

はじめての方は【↓こちら】

dokuimomushi.hatenablog.jp

  

f:id:KANDWA:20160814233526j:plain

あたたっ!!超ファミコシ珍拳伝承者・かん帝っ!!

 

f:id:KANDWA:20160814234119j:plain

ひでぶっ!!超ファミコシ珍拳伝承者・ドワ王っ!!

 

f:id:KANDWA:20160814234329j:plain

シュテムターン!!ドーモ!!超ファミコシ珍拳伝承者のザ・パートゥノです!!

 

f:id:KANDWA:20160814233526j:plain

遊びたてアッッツアツの独断採点拳をなるはやでお届けする、

「超ファミコシ珍拳EXPRESS」(略して「超ファミ珍EX」)、今回の停車駅は…………

「ライクドリーマー」だぜっ!!!

 

西暦2054年
1900年代半ばから続く環境破壊は、地球の温暖化現象を加速させ、温暖化からくる水位の上昇は、大陸の沿岸にある多くの国を侵食していた。
世界規模の海岸線の変更は新たな領土問題を生み、各国間での戦争が勃発するのにそう時間は掛からなかった。

 

年々烈化する戦争の裏には、世界中に兵器を輸出し、莫大な利益を得ている「EVAC Industry」社の存在があった。

この状況を打破すべく国連はEI社との交渉に乗り出すが、国連側の「兵器輸出入の全面禁止」という提案を完全に拒否。
その後の度重なる交渉も平行線を辿った。進展のない状況に国連側は交渉を断念し、秘密裏に武力介入を決定する。
それは表向きは無国籍の武力抵抗組織でありながら、実際は国連主導の特殊戦闘部隊による奇襲である。

 

「EI社の全ての兵器および兵器開発施設の破壊」
「国連の軍事介入に関わる一切のものを破棄せよ」

 

その任務の遂行命令は、作戦に携わる者の命にも適用されるものであった。
例え任務が成功したとしても、生きて帰ることは許されないのだ。

 

「ただし、志願したものにはその命の報酬として、どんな望みでも一つだけ要求することができる。国連は責任を持って、それを実行しよう」

 

その過酷な特務に志願した4人の若者達がいた。
命を賭してでも叶えたい望みを胸に秘め、彼らは出撃する。
自分達には決して見ることのできないであろう、明るい未来のために…。

 

────やがて訪れる、審判の日。

全世界にEVAC社壊滅の報が伝えられた。

EVAC社壊滅作戦に参加した4人の若者達は、全員死亡したとも、

一部が生き残ったとも言われていたが、全ての作戦記録は宣言通り破棄され、

真実が世界に報じられることはなかった。

 

それで全てが終わるはずだった……。

 

崩れ落ちる重機動対空砲座兼自走式EVAC本社ビル・トラファルガ

試作型重機動戦闘要塞兼超巨大炊飯器・エヴァカニの断末魔めいた、地下大工場へと続く竪穴から噴き上がる炎。

 

それを見届けていたのは、阿鼻叫喚の地獄絵図と化したEVAC社から脱出したEVAC社員たちの生き残りだった。

崩れ落ちる本社を呆然と眺める者、地面に拳を打ち付けて泣き崩れた者、やがてそんなEVAC社員たちも落日と共にひとり、またひとりと何処かへ消えていった。

 

数ヶ月後。

国連により全世界の紛争の終結が宣言されたのと時を同じくして、世界中の数々の深層WEB掲示板に、何者かによって謎めいた文章が書き込まれた。

 

「EVACの灯を再び灯す時が来た

 審判の日に選ばれた者たちの絆は

 地獄まで行っても切れることはない」────

 


www.youtube.com

 

◎◎◎ この記事は「兵器と戦火で未来(あした)を創る EVAC Industry」の提供でお送りします。死ぬがよい。 ◎◎◎

f:id:KANDWA:20220903213800j:image

 

01001011101010100101101

 

f:id:KANDWA:20220830201625j:image

 

西暦20XX年。

今流行の弾幕SNS「Bulletalk(バレットーク)」
シューティングゲームのプレイングで魅せると
他のユーザーからいいねがもらえる弾幕女子のたしなみであり、

弾幕シューティングゲーマーにとっては夢のようなSNSであった。

 

その中でいいねもフォロワーもトップを誇るユーザーは周りからクイーンと呼ばれ人気を集めていた。

 

しかし一部のユーザーはクイーンに嫉妬して悪口にデマに書きたい放題していた。

承認欲求が強い爆乳弾幕コスプレイヤーバニラありす

承認欲求が強く煽り耐性の低い弾幕女子高生・ゆり心愛(ここあ)。

承認欲求が少しあるテンサイ級弾幕チーター、そしてクイーンの秘密を知るただ一人の弾幕女子、UJAKO

 

これに腹を立てたクイーンの反撃!彼女らを弾幕戦のターゲットに仕立て上げてしまった!

みるみるうちに大炎上!あちこちのコミュニティから敵が襲い掛かる!

激しい弾幕と承認欲求の激突に撃ち勝つのは果たして誰なのか…!

 

─────ってか!!弾幕SNSってなんなんだよっ!!!!!!!!!!

 

かわいいキャラクターと初心者から弾幕ゲーマーまで楽しめる同人サークルにして個人フリーゲームサークル「あうとさいど(外の人さん)」初のSteam配信タイトルコスモドリーマーから2年!!

待ってましたの最新作がSteamに登場っ!!!その名も「ライクドリーマー」!!!

 

というわけで、君はクイーンに反抗する3人の弾幕女子からひとりを選んで、「バレットーク」の各「コミュニティ(ステージ)」を巡って

各コミュニティに君臨する弾幕女子「コミュニティ・ボス」をすべて蹴散らし、クイーンを討ち果たすまで戦い抜くのだ!!

各主人公がクイーンに狙われた理由は完全に本人のインガオホーなのであまり擁護はできないが……

果たしてクイーンは本当に真っ当な手段でその地位についているのだろうか?

全てのコミュニティを勝ち抜き、最強の弾幕女子・クイーンに立ち向かえ!!!

 

前作「コスモドリーマー」では主人公は「夢霧ムゥ」のひとりだけで高速モード時のショット、低速モード時のミサイル、ボム、そして強化オプションを選択できたけど、

「ライクドリーマー」では主人公が3人になりさらにそれぞれ異なるショット・ミサイル・ボムが2種類ずつ選択でき、組み合わせは無限大っ!??

 

アーケードにおける弾幕シューティングの覇者「CAVE」の伝説的ど本格シューティングを色濃く受ケツイ「ロックオンフォーム」を持つ低速型、

たった一人で本作を「真・ど本格爆乳ハイパー弾幕シューティング」たらしめた超ファミコシ珍拳伝承者イチ推しの「バニラありす」

 

 

全体的にバランスが良く、かつ攻撃的な高速型「ゆり心愛」

 

 

オプションの向きや位置を固定して、使い方と装備の組み合わせ次第では天才的チーターにふさわしく反則的なまでに高いパフォーマンスを誇る中速型「UJAKO」

 

 

誰を選ぶかはキミしだいっ!!もちろん、3人それぞれエンディングが異なるので、何度でも楽しめるのだあっ!!!

そして!!エンディングの最後には、思わずムフフのお楽しみも!!!これは、やるっきゃないぜっ!!!

 

各種強化は全キャラ共通。被弾時に「メンタルレベル」を消費して被弾を無効化する「シールド」発動で消費されるメンタルレベルを1だけにする「シールド強化」

高速時ショットを強化する「ショット強化」、低速時ショットを強化する「ミサイル強化」

そして高速・低速両方のショットを強化できるがシールドが発生しなくなる「ダブル強化」の4種だ。

 

メインゲームは前作「コスモドリーマー」を踏襲し、ひとつのコミュニティをクリアすると次のコミュニティが解禁され、ひとつずつステージを攻略していけるのだ。

ステージは全部で8つ、最後には巨大ボスアバターを駆る「コミュニティボス」が待っており、巨大ボスを撃破して本体を引きずり出してからが本番っ!!

「外の人」さんおなじみのオリジナルキャラに加え、新キャラクターも多数登場だぜっ!!

さらに、「コスモドリーマー」をプレイした人には思わず仰天のあのキャラまで中ボス、ボスキャラとして登場っ!!???

 

難易度も、弾幕シューティング初心者でも安心の「Casual」、標準的な難易度の「Maniac」、ど本格弾幕シューター向けの「Expert」

そして「Expert」さえも完全クリアした真の究極シューターだけが挑める虐狂の極悪上弩(ぎゃっきょうのごくあくじょうど)「Nightmare」まで幅広い層が楽しめるぜ!!

ただ、前作「コスモドリーマー」同様、難易度で変化するのは「弾幕の密度」なので、避け方のパターンは変わらない。

練習を積んで少しずつステップアップしていけば、「Nightmare」制覇も夢じゃない…………かも!?

また、条件を満たすと撃破した敵から撃ち返し弾が発生する「カウンターモード」の有無も選択できるぜ!!挑戦してみるか……???

 

本作はあくまで「弾幕SNS」なので「フォロワー」を集めて「いいね」をもらう必要があるのだっ!!

ここは敵に可能な限り近づいて撃破っ!!できる限り敵に密着して撃った方がショットの威力も上がるし、一部の敵弾の発生を食い止められることもあるのだっ!!!

撃破時に敵に近づけば近づくほど、撃破時に獲得できる「フォロワー」がさらに増え、フォロワーアイテムひとつにつき「+10」まで増加っ!!

う〜〜〜ん、このシステム、どこかで見たような…………?

フォロワー数がスコアのレートになっていて、敵を撃破した時に出るハート型の「いいね」アイテムなどのスコア倍率に影響するんだ。

いいねアイテムはそのままだと画面下に落ちていってしまうけど、画面の特定範囲から上に行くと画面内の全てのアイテムが自動回収されるのだっ!!これも、最近の弾幕STGでよくあるやつだ。

 

ちなみに!「いいね」アイテムはハート型だけど、オプション設定で黄色い星型にすることもできるんだ。

今でこそTwitterの「いいね」は赤いハート型だったけど、昔は星型で「Favorite(ふぁぼ)」って呼ばれてたんだぜ。知っていたかな?

 

フォロワーを増やし、いいねアイテムを稼ぐ、と自機周囲の「メンタルゲージ」が増え、ボムの使用、シールドの発動に必要な「メンタルレベル」がアップし、最大レベル3(☆☆☆)まで上がる。

アイテムキャリアーを撃破する、あるいは自機がやられると出てくるメンタルレベルアイテムを取ってもメンタルレベルがひとつ上がるぜっ!!

メンタルレベルがひとつでもある状態で被弾すると、現在のメンタルレベルをすべて消費して「シールド」を発動させ、即死を防ぐことができる。

だけど、各種強化で「シールド強化」を選んでいるとシールド発動時のメンタルレベル消費が1レベルだけになり、

逆に「ダブル強化」を選んでいるとシールドは発動しなくなるっ!!ひでぶっ!!

 

でもダイッジョブ!!被弾してから1/3秒間、自機が赤く光っている間にボムボタンを押せば、

タイミングはシビアだがボムが優先して発動されシールド発動なしで被弾を無効化できるぜ!!

いわゆる「東方Project」シリーズとかでおなじみの「食らいボム」だな。

 

そして!!フォロワーを稼ぎいいねアイテムを集めることで「バズゲージ」が上昇、MAXになるとテンカ・ゴーメンの「バズフィーバー」が発動!!!

発動時、終了時に弾消しが発動する上、フィーバー中は攻撃力・攻撃範囲が大幅アップ、撃破した敵が撃ってきた弾をも消してしまう!!ゴウランガ!!!

なおバズフィーバーは武装選択画面で、バズゲージがMAXになった瞬間に自動で発動する「オートフィーバー」

バズゲージがMAXの時にボムボタンを押す事でプレイヤーの好きなタイミングで発動できる「マニュアルフィーバー」の2種から選択できるぞ。

 

本作の必勝法は、とにかく前に出て、敵が出てきた瞬間に撃破することだっ!!

常に危険を顧みず、画面の上側をキープすればフォロワーも増える!!いいねアイテム自動回収!!そして……バズフィーバーがどんどん放てる〜〜〜っ!!!ちにゃ!!!

まずは難易度「Casual」でプレイして、「ライクドリーマー」での戦い方の真髄をその心身と指先に叩き込むのだあっ!!!

 

そして…………メインモードで仇敵クイーンを討ち果たし、君の「推し」を新たなクイーンとして君臨させられたなら、ここからが本番だぞ!!

「トライアルモード」の解放だ!!前作「コスモドリーマー」ではステージ選択式だった全8ステージを連続してプレイしていくだけだったが、

「ライクドリーマー」では多数のトライアル種目が新登場!!!まずは「コスモドリーマー」乃トライアルモードが長すぎた反省から生まれたであろう

「トライアルツアー」。ステージ1からステージ8まで連続でプレイするが途中のステージが分岐してどちらか片方を選んで進むようになり、全ステージをクリアするよりは早く終われるのだ。

トライアルツアーをクリアすると、全てのコミュニティ・ボスと連続して戦う「ボスラッシュ」

ボスラッシュをクリアすると、今度は全8ステージを連続でクリアしていく「オールトライアル」

そして、オールトライアルをクリアするといよいよ最終種目「スピードラン」が解放されるぜ!!

シューティングゲームなのにタイムアタック!??」と思われるかもしれないが、このスピードランモードでは敵を素早く撃破すると画面スクロールが早まるんだ。

しかしもちろん、画面のスクロールが早くなればなるほどそれだけ多くの敵が画面内に出てくるわけで……

難易度「Casual」でも、これまでとは異なる激しい戦いが待っているぜ!!!

 

すなわちここでも「ライクドリーマー」の極意の出番だ!!画面上部に居座り、敵に近接戦闘を挑んで素早く撃破しつつ「いいね」を稼ぎ、バズフィーバーをキメまくるのだっ!!!

 

スピードランモードでは、ハイスコアは記録されない。代わりにクリアタイムが記録されるんだぜっ!!!

 

そして…………トライアルモードのスピードランモード以外には、隠された秘密の「ステージ9」が存在する。その先に弾幕女子たちを待ち受けるものは……???

どうすればステージ9に行けるのかって?ゲーム内のマニュアルに書いてあるぜ!!!

しかもステージ9に行くのに難易度は不問なので、難易度「Casual」でもがんばって条件を満たせばステージ9に行けるし、隠しボスの撃破だって夢じゃないんだ!!!

 

なお、ステージ9をクリアできれば、メインモードでもステージ9をいつでもプレイできるようになる!!ゴウランガ!!!

 

メインゲームとトライアルモードを進めると、コスモドリーマーにもあった「ギャラリー」モードのイラスト・設定画が開放っ!!!

登場キャラクターのプロフィールやステージごとの敵キャラクター一覧、そして弾幕女子たちの秘密も明らかになっちゃうかもっ!??ちにゃ!!!

 

そして!!トライアルモード各種目のハイスコア、ベストタイムはオンラインランキングにも対応!!!そしてゲーム内実績もSteam実績と連動!!

さらに前作「コスモドリーマー」もアップデートされてオンラインランキングにも対応、ゲーム内実績もSteam実績と連動!!!こりゃだぜ!!

 

さて…………総喝すると「弾幕SNS」というテーマの上でスコアレートアイテムを「フォロワー」、スコアアイテムを「いいね」として表したことで、現代のSNS問題をうまくシューティングゲームに落とし込んでいると思うぜっ!!!

弾幕女子たちが巡る「コミュニティ」もステージごとにガラリと世界観が変わって楽しませてくれるぜっ!!!

また、前作「コスモドリーマー」よりもキャラクターや敵弾が大きくなって見やすくなった印象だ。

 

現実のTwitterとかでも、このゲームぐらいバカスカフォロワーが増えてくれたらなあ。ひでぶっ!!

 

前前作「ナイトメアトリップ」、前作「コスモドリーマー」までの印象は「東方Project」のオマージュを感じさせる弾幕STGだったが、

「ライクドリーマー」はボス本体との直接対決の前に巨大ボスアバターとの対決があり、各種ボスの弾幕、そして終盤のステージ演出など、可愛らしくポップな世界観の裏で

いよいよもってアーケード弾幕STGのかつての覇者「CAVE」シューティングのオマージュが強くなった印象だ。特にステージ8の演出は必見だぜ!!!

CAVEシューティング以外のシューティングのオマージュや、シューティング以外のゲームのオマージュもあって楽しめるが、ここまでくるともはや「令和のCAVEシューティング」と言っても過言ではないだろう。

そう!!CAVEがアーケード弾幕STGから撤退しようとも、その魂は令和4年の今でも受け継がれ、生き続けているのだ!!!

 

さて、めでたく前作「コスモドリーマー」は、Nintendo Switch版の配信が決定した!!!

 

 

もう少し待てば「ライクドリーマー」もNintendo Switchで遊べる日が来るかもしれない!!!

ライクドリーマーSwitch版発売、そしてパッケージ版発売の暁には、「外の人」=サンの表面パッケージイラストに加えリバーシブルパッケージイラストとして井上淳哉=センセイ*1に描き下ろしパッケージイラストを描いていただき、

伝説のコンポーザー並木学」=センセイ*2にあえて「さんたるる」名義でスペシャルBGMを書いていただくしかあるまい!!!

 

「CAVEの灯が今、再び灯された

 審判の日に選ばれた者たちの絆は

 地獄まで行っても切れることはない」────!!!

 

…………「ケツイ 〜絆地獄たち〜」そしてEVAC Industryの時代まで、あと32年。備えよう。

 

 

奥義・独断陰陽双喝破!!!

あたた秘孔:

・「外の人」さんによるキャラクターと世界観がかわいい!!!そして爆乳!!!

・なおかつ中身は真・ど本格弾幕シューティング!!!4段階の難易度でだれでも楽しめる!!!

・「弾幕SNSのユーザー同士のフォロワー争い」という現代的な設定アイデアとゲーム性の融合が見事!!

・「外の人」さんおなじみのオリキャラに加え、新キャラも多数登場、さらに前作「コスモドリーマー」のキャラまで登場!!!

・接近戦で「フォロワー」と「いいね」を稼ぎ、天下御免の「バズフィーバー」発動!!!攻め攻めのプレイが楽しめる!!!

・「コミュニティ(ステージ)」によって世界観はガラリと変わり、多彩な世界観が楽しめる!!!

・「ケツイ 〜絆地獄たち〜」をはじめとするCAVEの名作シューティングをはじめとするオマージュも豊富!!弾幕シューターほど「この弾幕は……知っているッ!!!」と驚きが満載!!

・メインモードをクリアしてからが本番!!「トライアルモード」がパワーアップし、4つの種目が楽しめる!!

・トライアルモードではスピードランモード以外で特定の条件を満たすと隠しステージに移行!!難易度Casualでも条件を満たせば隠しステージ解放可能!!!

・トライアルモードに限りオンラインランキングに対応!!さらに「コスモドリーマー」もオンラインランキングに対応!!!

・古参ツイッタラー大歓喜!!「いいね」アイテムをオプションで星型に変更できる!!!

・ALLクリアで、エンディングの最後にムフフなお楽しみもあり!!!!!

 

ひでぶ秘孔:

・やはり解放するだけでもむずかしい「Nightmare」難易度の存在により、実績、ギャラリーのコンプリートは至難の業。

・BGMは再販不可のロイヤリティフリー音源。

 

f:id:KANDWA:20160814234329j:plain

さァ、お待たせしたな。「超ファミ珍EX」次回の停車駅はいよいよ蒼き雷霆ガンヴォルト 鎖環(ギブス)」だぜ。

 

 

かつて「ロックマン」「ロックマンX」の開発に携わっていたチームから独立したゲームメーカー「インティ・クリエイツ」。

彼らがニンテンドー3DSで完全オリジナルタイトルとしてリリースした新作アクションゲームシリーズが蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト

その前作、ニンテンドー3DS蒼き雷霆 ガンヴォルト爪(ソウ)から、6年。

ある条件を満たしたものだけが拝める、さらなる戦いを予見させる真のエンディング。

 

あれから、どれだけこの日を待ち続けたことか…………!!!!!!

 

6年という歳月はゲーム業界にとって、そして俺たちにとってあまりにも長すぎる年月だった。

この6年で「ファミコシ珍拳」は「超ファミコシ珍拳」になり、さらに「超ファミコシ珍拳EXPRESS」になった。

Nintendo Switchが発売され、いつしかニンテンドー3DSの時代もローソク・ビフォア・ウインド(風前の灯火)。

はてなランド」が消え、「うごメモはてな」が消え、「はてなハイク2」が消え、「ワールドうごメモギャラリー」が消え、「はてなハイク」が消え、「はてなダイアリー」が「はてなブログ」に統合された。

新型コロナウィルスCOVID-19が日本を含む全世界を焼き尽くし、1年遅れて東京オリンピックが開催され、コミックマーケットも第100回を迎えた

 

その間、「蒼き雷霆ガンヴォルト」「蒼き雷霆ガンヴォルト爪」の2本をまとめたパッケージ版蒼き雷霆ガンヴォルト ストライカーパック」Nintendo Switch版が発売され、その後もNintendo Switch

「ブラスターマスターゼロ」シリーズ3作、「Bloodstained: Curse of the Moon」シリーズ2作、そして「ガンヴォルト」シリーズのスピンオフ作品「白き鋼鉄のX(イクス)」シリーズ2作が発売され、

インティ・クリエイツファンの乾きは癒せたものの、俺たちは6年間「蒼き雷霆ガンヴォルト」のさらなる続編を望むことを、一日たりとも諦めたことはなかった。

 

そして去る2022年7月28日っ!!!新主人公「きりん」をひっさげて、シリーズ最新作蒼き雷霆ガンヴォルト 鎖環(ギブス)」Nintendo Switchで配信開始されたのだあっ!!!

 

6年にも及ぶ紆余曲折を経て、アクションはどれだけおもしろくなったのかっ!?

そして、6年前に広げた風呂敷を、責任持ってきれいに畳んでくれるのかっ!??

 

…………まあ、発売日を見てもらえば分かるとおり、発売からとっくに1ヶ月以上経ってしまっているわけで。

予約までして発売日から遊び尽くしたオレたちは、「きりん」の封印の力「鎖環(ギブス)」と仕込み杖による斬撃「裏八雲流抜刀術」、

そしてガンヴォルトの「蒼き雷霆(アームドブルー)」によって完成する必殺の奥義「雷霆煉鎖(ライテイレンサ)」を極め、万敵を斬り裂いたっ!!!

では、6年間待たされたストーリーの方はどうなのか?6年前の風呂敷はきれいに畳んでくれたのか??ガンヴォルトとともに戦い続けた「電子の謡精(サイバーディーヴァ)」はどうなったのか???新キャラクターの魅力は????

そして…………これで本当に、蒼き雷霆ガンヴォルト、シリーズ完結作」となり、それにふさわしい結末が待っていたのかっ!!???

 

そして、真のエンディングを見てもなお、ゲームは終わらない!!!????

 

本ッ当に、ここまであらゆる意味で長い戦いになったことだ。

もッちろん、俺たちはこれからまっすぐに「蒼き雷霆ガンヴォルト 鎖環」の世界へ直行する!!!

何もかもを見届けて、一つの偽りもなくすべてを暴き出してやろうじゃないか!!!!!

f:id:KANDWA:20160814234329j:plain

俺たちは なやまない

6年の時を超えて 新作が出たのなら……

独断採点拳を叩き込む…………までだ!!!

f:id:KANDWA:20160814234301j:plain

それじゃ、次の停車駅までカラテを鍛えて待っていてくれよ。

オタッシャデー!!

 

f:id:KANDWA:20210107223339p:plain

 

【超ファミコシ珍拳EXPRESS 次回に続く!!!】

*1:元CAVEのイラストレーターにして漫画家。CAVE在籍時の代表作は「エスプレイド」「プロギアの嵐」「デススマイルズ」など。井上氏はこれらの作品に声優としても出演している。なお、「ケツイ ~絆地獄たち~」のキャラクターデザイン、斉藤智晴氏は2006年に他界している。

*2:ゲームミュージック作家。「怒首領蜂大往生」「ケツイ ~絆地獄たち~」をはじめ「さんたるる」名義で2000年代のCAVEシューティングのBGMを担当し、現在も第一線で活躍中。