どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。ゲームレビュー記事「超ファミコシ珍拳EXPRESS」も連載中。

超ファミコシ珍拳EXPRESS 「蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環 After Episode “ATEMS”」の巻!!

 

蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環 After Episode “ATEMS”

☆「蒼き雷霆」が去った世界に、「金色の黎明」が再び舞い降りる。☆


www.youtube.com

ハード:Nintendo Switch/PS4/PS5 (「蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環」本体が必要です)
流派:ライトノベル2Dアクション
操作性:あたたた
熱中度:あたた
持続性:あ
サウンド:あたた
キャラクター:あたたた
ストーリー:あたた
難易度:あたた
お買い得度:無料アップデート
快適度:あたた
お手軽度:あたたた

 

f:id:KANDWA:20210107223310p:plain

はじめての方は【↓こちら】

dokuimomushi.hatenablog.jp

  

f:id:KANDWA:20160814233526j:plain

あたたっ!!超ファミコシ珍拳伝承者・かん帝っ!!

 

f:id:KANDWA:20160814234119j:plain

ひでぶっ!!超ファミコシ珍拳伝承者・ドワ王っ!!

 

f:id:KANDWA:20160814234329j:plain

シュテムターン!!ドーモ!!超ファミコシ珍拳伝承者のザ・パートゥノです!!

 

f:id:KANDWA:20160814233526j:plain

遊びたてアッッツアツの独断採点拳をなるはやでお届けする、

「超ファミコシ珍拳EXPRESS」(略して「超ファミ珍EX」)、今回の停車駅は…………

蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環 After Episode “ATEMS”」だぜっ!!!

 

 

これまでのあらすじ

 

2014年、ニンテンドー3DSで刻まれた新たなる神話「蒼き雷霆ガンヴォルト」。2016年のその続編「蒼き雷霆ガンヴォルト爪」から6年の歳月を経て2022年、蒼き神話はNitendo Switchでの蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環」をもって完結を迎えた……。

 

dokuimomushi.hatenablog.jp

 

だが、戦いはまだ終わっていなかったっ!!!

蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環」は、発売から5ヶ月の間アップデートとDLCの配信を行い、新モード、復活ボス、DLCでは装備アイテム「イマージュパルス」の追加などが行われてきた。

 

そして2022年12月!!5ヶ月連続アップデートの最後を飾ったのは、「トライアルモード」のオンラインランキング機能と……本編の「その後」を描く追加シナリオ「After Episode “ATEMS”」が実装されたのだっっっ!!!

最新バージョンにアップデート後、本編で真のエンディングを見ていればタイトルメニューから「ATEMSエピソード」を選択して遊べるぜ。

 

これは、「蒼き雷霆」の最後の神話が終わったあとの、知られざるもうひとつの結末。

「暴龍の王」の力を手中に収め、破滅の未来を創り変えようとした最強の「第七波動(セブンス)能力者」、「金色の黎明(ゴールドトリリオン)・ZEDΩ.(ジエド)」

ZEDΩ.とその親衛隊「アテムスナイツ」は、「皇神グループ」の「治龍局」のミコー・ヴァルキリー(戦巫女)「きりん」との死闘の末にその野望も潰え、皇神と折り合いをつけて帰国するはずだった。

ZEDΩ.が最後の戦いの地で、「あるもの」を見つけるまでは。

 

ZEDΩ.が見つけたもの、それは蒼き雷霆の忘れ形見、能力因子の成れの果て「ABスピリット」と呼ばれる特殊なエネルギー体だった!!

詳しいことは本編のネタバレになるので言えないが、このガンヴォルトが残したと思われるABスピリットがあれば、ATEMSは皇神と対等な立場に立ち、皇神の秘匿主義を打破し、

そしてガンヴォルトが去った世界に残された最後の問題「第七波動能力者の暴龍化」の謎を解明・解決し、今度こそ人類の未来を救うことができるかもしれない!!!

ZEDΩ.の最側近である第七波動能力者「レイラ」の分身「電子の踊精(サイバージーン)・ルクシア」の探知能力でABスピリットの場所の目星を付けたZEDΩ.は、早速アテムスナイツを引き連れてABスピリットを回収する極秘任務に向かったのだった!!!

 

しかし……きりん達「治龍局」には何も告げずに行動を開始したZEDΩ.一味は、「治龍局」との対立は避けられないものとなってしまうのだった……。

では、まずは新たにプレイヤーキャラとして使用できるようになったZEDΩ.のアクションから確認していこうか!!

 

 

ZEDΩ.のつかいかた

ZEDΩ.は最初からすべてのアクションを使うことができ、炎の剣による3連斬撃「イクリプスソラール」と炎の羽インペリウムフェザー」を飛ばして敵をロックオンしての火の鳥発射攻撃「パッショナブルレッド」を使うことができる。

また「きりん」の「雷霆煉鎖(らいていれんさ)」や鎖環ガンヴォルトの「ライトニングアサルト」と同様の、インペリウムフェザーでロックオンした敵へ瞬間移動して連続で斬り払う「ルクスアサルト」というアクションも使えるぞ。

まあ、この瞬間移動攻撃アクションがないと「ガンヴォルト鎖環」のステージ構成とボス戦は成り立たないのだが……。

 

インペリウムフェザーによる敵のロックオンの他に、空中ジャンプ空中ダッシュでZEDΩ.は画面下に表示されている「翼」を消費する。翼の最大数は3つだぜ。

また、ガンヴォルトシリーズおなじみのダメージを回避する「電磁結界(カゲロウ)」はZEDΩ.版だと「陽炎(ヴィヴラシオン)」となり、やはり受けたダメージ無効化と引き換えに残っている翼をすべて消費するのだ。

消費した翼は、「ルクスアサルト」を使うか地上で方向ボタン下2回で「リロード」すれば回復できるぜ。

 

方向ボタン上を押しながらスラッシュボタンで、火の鳥を斜め上に飛ばしながら斬り上げる「ソリスロータム」

空中で方向ボタン下を押しながらスラッシュボタンで、斜め下に3本の炎の剣を放つ対地攻撃「デアラクリマエ」

方向ボタン下2回での「リロード」中にスラッシュボタンで炎をまとって突進する「ロストゥルムチャージ」だ。いずれも強力だぞ。

「ルクスアサルト」はきりんの「雷霆煉鎖」とは異なり、一撃でザコを倒せないこともあるので空中斬りやデアラクリマエによる追撃が必要になるだろう。

 

ZEDΩ.はイマージュパルスが使えない代わりに、右スティックで4種類の「SPスキル」を選んでSPボタンで使用するのだ。

それぞれクールタイムが異なる攻撃SP、巨大な炎の弩弓から大量の炎の矢を放つ「ルクスバリスタ、頭上から無数の炎の剣を降らせる「ルクスカリバー」

そして火の鳥と炎の剣、トドメに画面全体を焼き尽くす大爆発を放つ最強にしてクールタイムも最長のSPスキル「破界と再世の炎環(レジティーマフトゥラ)」と、本編でボスとして使用してきたZEDΩ.のスキルは全て使えるぜ。

そして4つ目のSPスキルは、炎の翼を一時畳んでHPを回復させる「ヒーリングフェザー」で防御面も完璧だっ!!

 

「ルクスアサルト」を使いこなし、可能な限り長い時間空中で敵を連続撃破することで「きりん」同様獲得クードスに最大4.0倍の倍率がかかり、

クードスが1000以上になるとこのモードのために書き下ろされた「電子の踊精(サイバージーン)・ルクシア」の新曲が聞けるぜ!!

もちろん歌が途切れないようにクードスを稼ぎ続けると、さらに特別な歌が聞けることも……!?

王の器が約束された最強の能力者「金色の黎明(ゴールドトリリオン)」の炎が絶えることなどありえないが、万が一ZEDΩ.が力尽きたとしても……「電子の踊精」がいる限り「ソング・オブ・ジーン」による復活で王の翼はもう一度羽ばたけるのだ。

「ソング・オブ・ジーン」の発生率は、ATEMSの拠点である皇神外賓室でのトークルーム」で上げることができる。

もちろんトークはすべて新規録りおろしだ。アテムスナイツたちの意外な一面が拝めちゃうかも!?

 

もちろんトークルームだけでなく、ステージ内の「ライブノベル」も新規録りおろしだぜっ!!!

ATEMS編の難易度は本編の「ハードモード」に準拠した難易度になるが、ZEDΩ.は十分強いしレベルアップがある上にZEDΩ.の初期Lvは30もあるので本編でハードモードのステージをひととおりクリアできる腕前ならそこまで難しくはないはずだぜっ!!

 

ステージ内で敵を倒した時に出現する「クレジット(お金)」は、自動的にZEDΩ.に引き寄せられて回収される。

集めたクレジットは、メニュー画面から「ナイツアビリティ」を購入して装備することができるぜ。

 

 

総喝!!「After Episode “ATEMS”」はどうだったのか

さて、「ガンヴォルト鎖環」本当の最後の物語を見届けるべく、「金色の黎明」の真の力を振るって再び大暴れしたのだが……どうだった?

 

「ガンヴォルト鎖環」本編の独断採点拳では「『蒼き雷霆ガンヴォルト』シリーズ完結編としては0点」と断言させてもらったが、残念ながら最後の最後まで大きな不満点が残ったっ!!

ATEMS編はステージ構成や敵配置が本編とほとんど変化なし、というのもあるけれど、それ以上に…………

ステージ数が少なすぎるんだっっっ!!!!!

 

ZEDΩ.の圧倒的大火力を楽しもうにも、本編の前半4ステージで「治龍局」の4人と戦ったら*1後は最終ステージとラストバトルの2ステージ、合計たったの6ステージだもんなあ。

一応「新規ボス」と呼べるものもいるけれど、いくらおまけシナリオとは言えステージ数はガンヴォルトシリーズ最短だぜ!!

 

そして、ATEMS編エンディングを見た後も、おまけステージのようなものも存在しないっ!!!さらに「トライアルモード」でもZEDΩ.を使用できるモードはないっ!!!

本編の「イマージュパルス」のような収集要素もなく、「ナイツアビリティ」をすべて揃えなくても十分クリアまで戦えるので、しょーじき「ナイツアビリティ」をすべて揃えるまで何度も楽しく遊べるようなものではないぜ!!!

それとも…………「ナイツアビリティ」を全て揃えてから改めてクリアしたら、何かあるのだろーかっ!??

 

……まあ、最後にひとつ良かったところを挙げるなら、ATEMS編エンディングによって、ネタバレのため詳しくは言えないがガンヴォルトが去った後の世界でも

「きりん」が再び「雷霆煉鎖」で宙を舞いながら戦う日が訪れる可能性が示されたことだっ!!!

カギを握るのはもちろん「ABスピリット」!!それが「きりん」のその後にどう影響していくのか……それは、キミ自身の手で確かめてくれッ!!!

 

まあそんなわけで、ATEMS編の「ガンヴォルト」シリーズ最短のボリューム相当に独断採点拳もあっという間に終わってしまった。

しかし、ただの「おまけシナリオ」と切り捨てるには実際モッタイナイ内容なので、「蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環」をプレイした人なら是非「ATEMSエピソード」もプレイしておいたほうがいいだろうな。

「毒を食べたなら器まで喰らえ」だぜ。

 

 

奥義・独断陰陽双喝破!!!

あたた秘孔:

・王の器が約束された「金色の黎明」ZEDΩ.の大火力のアクションが楽しめる!!

・本編でボスとして登場したZEDΩ.のSPスキルもほぼすべて使用可能!!

・ZEDΩ.とアテムスナイツとの新規ライブノベル、トークルームも楽しめる!!

・クードス1000以上貯めれば「電子の踊精・ルクシア」の新曲も楽しめる!!

・ガンヴォルトが去った後の世界でも、「きりん」が「雷霆煉鎖」で宙を舞いながら戦う新シリーズへつながる展開が垣間見えた!!!

 

ひでぶ秘孔:

・ステージは本編ハードモードとほとんど変更点がない。

・遊べるステージ数が少なすぎる上に、クリア後のおまけステージもない。

・トライアルモードではZEDΩ.を使用できるモードはない。

 

 

次回予告

f:id:KANDWA:20160814234329j:plain

さて、「超ファミ珍EX」次回の停車駅は「Graze Counter GMの予定だぜ。

 

f:id:KANDWA:20230119084535j:image

 

敵弾にかすって(グレイズ)エネルギーを溜めて、必殺の極太ビーム「グレイズカウンター」をお見舞いだっ!!!

2020年に独断採点拳した縦スクロール弾幕シューティング「Graze Counter」が、さらにパワーアップしてリメイクされ、ついに帰ってきたぜーっ!!!さらに、Steam版だけでなくNintendo Switchまで登場だっ!!!

 

オリジナル版「Graze Counter」をやり尽くした人でも、気持ちを一新して楽しめる新要素が満載っ!!

新ステージ!!ステージ分岐!!さらにこれまでのかわいらしくを皆ワケありの主人公に加えて、

「マシーナリーとも子&ハンバーガーちゃん」などなどのコラボ自機も続々追加っ!?これは、やるっきゃないぜっ!!!

 

これより俺たち超ファミコシ珍拳伝承者と「超次元モアイ列車・よしざわ君」は、封鎖されし仮想空間ネットワーク「EDEN」へと強行再突入を敢行する!!!

 

突入時、激しく揺れたりいたしますので吊り革・手すりにしっかりとお掴まりくださ~~~い☆☆☆

 

f:id:KANDWA:20160814234301j:plain

それじゃ、次の停車駅までカラテを鍛えて待っていてくれよ。

オタッシャデー!!

 

f:id:KANDWA:20210107223339p:plain

 

【超ファミコシ珍拳EXPRESS 次回に続く!!!】

*1:「治龍局」の一員として「きりん」の仲間になった元暴龍の4人は、本編ではATEMSとの決戦に参戦したものの途中で撤退したり治龍局本部でサポートに徹していたりしたためにきりんとガンヴォルト以外はZEDΩ.の元までたどり着けなかった。