どくのメモ帳

どくイモムシの毒吐き場。

「ナビス」シリーズ、Youtubeで連載開始!!!

f:id:KANDWA:20201110161056p:image

 

 

以前の記事で予告した通り、2013年からワールドうごメモギャラリーで連載された

「ナビス」シリーズの、当時のままでのYoutube連載投稿が始まりました!!!

 

そう!!以下の投稿リストで、もう「予告編」と第1話が観られる!!!

 

「ナビス」 全シリーズ一括リスト

www.youtube.com

 

ナビス 予告編


ナビス 予告編

 

ナビス #1「誕生」


ナビス #1「誕生」

 

 

再投稿の経緯

私が「うごくメモ帳3D」で執筆したシリーズもののうごメモはだいたいYoutubeにもアップしたのですが、

「ナビス」シリーズはワールドうごメモギャラリーでも好評だったにもかかわらずこれまで「お試し版」として第1話しか公開されていませんでした。

ですが、もし「ナビス」をYoutubeで公開するのなら、1話ずつの連載公開にしたいと思っていました。

その時は、文字が小さく読みづらかった所や後の話と辻褄が合わない所や作者的に気に食わなかった所なども加筆修正したいとも思っていました。

 

ですが、ワールドうごメモギャラリー終了後も色々と忙しく、なかなか加筆修正作業には踏み切れませんでした。

気がつけば2020年も年末が近づき、そこへあの「3DSうごメモ戦士」が登場したのです。

 


【予告動画PV】3DSで4年を費やし本気で作画してアニメ作ってみた【うごメモ戦士】

 

こうして私は「うごメモヒーローズアゲイン」企画を立ち上げると同時に「ナビス」シリーズをYoutube連載公開させる覚悟を決めました。

もう加筆修正とか言っていられません。とにかく行動あるのみ!!公開あるのみ!!!

……と思い立ったものの10月はPCが故障して修理に出したので公開はできませんでしたが、10月中にPCも戻ってきて

11月にはようやく全動画を出力し、サムネイルも用意して、ナビスシリーズ公開のメドが立ちました。

 

絵が下手でも、プロのアニメーターじゃなくても、描き遂げる意思さえあればおもしろい物語は描ける。

それがうごメモだった。正確には、「うごメモはてな」と「ワールドうごメモギャラリー」だった。

それを今一度、うごメモはてなよりもワールドうごメモギャラリーよりも広大な世界で証明する。

このKANDWAは、「ナビス」シリーズの物語においてそれだけの自信があります。

是非とも我が「KANDWAのうごメモチャンネル」をチャンネル登録して、ワールドうごメモギャラリーをちょっとだけ震撼させた

かわいらしくも衝撃の三部作に、今一度お付き合いいただければ幸いであります。

 

特別付録:「ナビス」誕生秘話

せっかくなので、うごメモ3D版「ナビス」に至るまでのお話もしておきます。

小学校高学年〜中学生の頃、ファミコンソフトレッキングクルーが好きだった私は「レッキングクルー」に登場する

「ナスビ仮面」という敵キャラが主人公のマンガ(とはとても言えないクオリティの何か)をノートに描いていました。

 

f:id:KANDWA:20201110175301j:plain

 


レッキングクルー プレイ映像

f:id:KANDWA:20201110172848p:image

 

「ナスビ仮面の冒険」と銘打たれたその物語は、主人公の「ナスビ仮面」が様々な仲間との出会いと別れを経て成長し、

最後は生まれ故郷に帰って邪悪な「マーボーナスビ仮面」の王を倒して新たな王「ナスビキング」になるまでの冒険巨編でした。

やがて続編として「女ナスビの冒険」を描き、女ナスビもまた壮絶な冒険を経てナスビ王国へたどり着き

ナスビキングに見染められ、「ナスビクイーン」として迎えられ、やがて5匹の子供を産みます。

それが♂三匹の「ナビス」「ナービ」「ビス」、♀二匹の「ビーナ」「スービ」でした。

「ナビス」は最初、ナスビ仮面シリーズの登場キャラの一匹だったんですね。

「いじめっこナスビ」にいじめられて泣かされたり、家出をしたり、そして時にはモンスターと戦ったり……

そうした「ナビス」を中心とした「赤ちゃんナスビ」たちのお話がノートや教科書の隅に描かれていきました。

 

やがて時は流れ、生活苦と仕事に追われて絵を描くことから遠ざかっていた私の人生はうごくメモ帳との出会いで変わって行きました。

そして時代は「うごくメモ帳3D」となり、「うごメモ天使はかなちゃん」や「パイ増量キャンペーン」の他にも

新しい柱となる、新しい作品を描きたい!そう思った時、かつての「ナスビ仮面」の物語が浮かびました。

その際、(ワールドうごメモギャラリーでは任天堂ゲームのキャラは公認だったとは言え)任天堂に怒られないように「レッキングクルー」の「ナスビ仮面」のイメージを払拭すべく

設定をリニューアルして、植物性生命体「ナビス」と人間との交流、育成、成長、そして進化、繁栄を描いた長編ショートアニメシリーズとなっていったのでした。

ちなみに、「ナビス」シリーズは最終的に三部作+完結編となりましたが、実は連載最初期にはもう三部作の構想があらかた完成していました。

 

f:id:KANDWA:20201201100004p:image

ワールドうごメモギャラリー」での連載にあたり、マスクの黄色い縁やグローブといった

「ナスビ仮面」の要素を削ぎ落とし、デザインをシンプル化。

胴体・目・手足とパーツ分けしてテンプレート化することにより、パーツを組み合わせるだけでアニメが作れるようにしました。

 

「赤ちゃんナビス」は体に直接手足がくっついているデザインにしてさらにかわいらしく。

そこから、かつての「赤ちゃんナスビ」に近い姿になる二足歩行の「子ナビス」に成長し、

そこから「大人ナビス」への成長過程を細分化して、各話ごとの成長を楽しめるようにしつつ

「子ナビス」から「大人ナビス」への成長を自然に表現できるようにしました。

 

かくして、「ナビス」三部作の連載は2013年8月から2015年6月まで続き、読者に多くのカワイイと衝撃と感動を与えて堂々完結し、

KANDWAの連載作品の中で、唯一作者のもっとも望んだ形での完結が実現したシリーズとなりました。

そして2020年11月、Youtubeでの連載がスタートし、今一度伝説を刻もうとしています。

 

そして今夜19:00、第2話が公開されます!!!

決してお時間のかかる作品ではありません。是非とも、継続視聴の方をよろしくお願いします。

 

また、本項「どくのメモ帳」でも、公開された「ナビス」各話のひとことコメンタリーを掲載する記事を

連載していきたいと思っていますので、「どくのメモ帳」の方もよろしくお願いします。